DPTE® ラピットトランスファーポート(RTP)システム

製品分野ごとに閲覧

DPTE® ラピットトランスファーポート(RTP)システム

資材をアイソレーターに投入、取り出す際には特別な技術が求められます。Getingeは DPTE®システムを開発し、製造しています。DPTE®システムはRTP又はアルファ/ベータトランスファーポートとも呼ばれます。Getinge LaCalhène社が開発したこの搬送ソリューションは現在、アイソレーター又はRABSシステム内の無菌製品または毒性のある製品の搬送用に広く活用されています。

DPTE®搬送システムを使用すれば、周囲環境に影響がなく、密閉されたバリア内外への資材の投入取り出し、あるいは2台の機器(アイソレーターなど)を同一の環境で接続することもできます。DPTE® システムは 2台の独立したユニット「アルファ」と「ベータ」に基づきます。それぞれのユニットには、ドア、ロック機構及びシーリング機能が装備されています。アルファユニットはサポート(アイソレーター壁面など)に取り付けられています。ベータユニットはコンテナー、アイソレーター、又はその他の適切なデバイスに取り付けられ、シールした状態で移送することができます。

  • DPTE® アルファ

    DPTE® アルファポートはGetinge La Calhène社 が 50 年以上前に開発した搬送システムの中核です。DPTE® システムは交叉汚染を防ぐ双方向性のある封じ込めを提供します。

  • DPTE BetaBag®

    DPTE® BetaBagは無菌製品や廃棄物の処理を封じ込めた状態で搬送する目的のためにDPTEベータフランジとバッグを統合したものです。

  • DPTE® コンテナー

    Getingeはポリエチレン製又はステンレススチール製の DPTE®ベータフランジ付コンテナーを多数取り揃えております。蒸気滅菌が必要なものや毒性のある製品などの用途でお使いいただけます。