病院内での調製

病院内での調製作業を行う必要性がますます高まっています。Getingeは院内調製向けアイソレーターを開発しました。

安全性への課題

病院内での調製のニーズが高まっている要因は、癌治療、バイオテクノロジー製品、凍結乾燥医薬製品の増加と、パーソナライズされた医薬品の増加に伴うものです。これらの製品の多くは、恩恵を受ける患者が存在する一方で、これらのを製剤、調製するオペレータには有害となることがあります。医薬品はがん誘発、催奇形性、及び突然変異誘発性の特徴を持つものがあり、たとえ分単位の作業であっても、時間の経過とともにオペレータに堆積し、癌、流産、突発的な吐気嘔吐を引き起こすなどの副作用につながる例があります。医薬品はがん誘発、催奇形性、および、突然変異誘発性があることがあります。

ソリューション

Getingeは、作業者を作業環境から物理的に分離し、無菌バリア内で確実に調製を取り扱うことのできる各種バリアアイソレーターを開発しました。これにより作業者と環境を保護すると同時に、製品の無菌性も維持されます。また、費用の掛かる無菌クリーンルームが不要となります。さらに、環境が無菌(バリデートされた)状態なので、開放後の容器内の製剤を後に調剤する際にもそのまま使用することが可能です。