安全かつ効率的な終末滅菌

GMP規制は非経口製品を包装後に終末滅菌することを定めています。Getingeは終末滅菌ソリューションを提供します。

GMP規制は非経口製剤の品質、安全性、または有効性に影響を及ぼさない終末滅菌を定めています。(これらの規制には、通常滅菌処理に対する耐性があるように設計されている包装は含まれません。)

あらゆる課題に対応

Getingeは滅菌器、ローディングシステム及びプロセスの設計において長年の経験があり、あらゆるタイプの包装、アンプル、シリンジ、カートリッジ、バッグ、BFSコンテナなどの安全かつ効率的な終末滅菌を可能にしています。Getingeは滅菌器、ローディングシステム及びプロセスの設計において長年の経験があり、あらゆるタイプの包装、アンプル、シリンジ、カートリッジ、バッグ、BFSコンテナなどの安全かつ効率的な終末滅菌を可能にしています。

最適化されたロジスティック

終末滅菌はバッチ処理です。そのため、(1日当たり数トンに及ぶこともある)製品を、連続充填からバッチ滅菌へ移動した後に連続検査及び二次包装へ移動するためのロジスティックスの課題が発生することがあります。Flexlink 社と提携することで、Getingeはワークフローを最適化し、生産性を最大化するためのロジスティック・ソリューションも提供します。