ワクチン生産における廃棄物処理

ワクチン生産はその他のバイオ医薬品生産とは異なり廃棄物処理が特に重要です。Getingeはワクチンメーカーのニーズを満たす滅菌システムを開発しました。

ワクチン生産における大きな特徴の 1 つは、有効成分の原料物質が生菌であることです。生産の初期段階の過程で、生成されたすべての廃棄物(つまり、ウイルスまたはその派生物と接触したすべての物質)は生物学的危害があるとみなし、廃棄する前には十分に注意して取り扱わなければなりません。そのため安全な取り扱いと効果的な生物汚染除去が非常に重要です。

Getingeの技術とシステムはバイオメディカル研究及び開発分野のみならず政府機関、公衆衛生、軍事施設などからの幅広い経験から培ってきました。この経験から、急速に成長するバイオ汚染除去プロセス及び効果的な滅菌システムを開発しました。